<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

バームクーヘン

お子さまの夏休みのおやつにフライパンを使ったバームクーヘンはいかが?あんまり時間もかからず、簡単でおいしいです。裏側にしっかり焦げ目をつけてからひっくり返すのがポイントです。私の30数年前のレシピです。

056.gif材料
小麦粉50g、コンスターチ50g、卵3ケ、バター80g、砂糖90g

072.gif作り方
①卵を卵黄と卵白にわけます。
②卵白を泡立てます。八分ほど泡立ててから1/2の砂糖を2-3回にわけて入れ、しっかり泡立てます。泡をつぶさないようにふるった小麦粉を混ぜます。
③卵黄にも1/2の砂糖を入れ、白っぽくなるまでよく混ぜます。
④バターをクリーム状にし、コンスターチを入れてよく混ぜ、③の卵黄を混ぜます。そのあと②の卵白と合わせます。
⑤テフロン加工のフライパンに薄くオイルを塗り、熱くなれば一度濡れ布巾の上におき、④の出来上がった生地を3mmの厚さにのばして弱火で焼きます。裏面に焦げ目がついたらひっくり返し、その上に同様に生地を流して焼きます。それを繰り返します。
a0148476_21375084.jpg



⑥盛りつけは周囲をきれいに四角く切り取り、2枚に切る。
a0148476_21384553.jpg


⑦切った間にジャムを塗って重ねて長方形にきれば完成です!
a0148476_21394221.jpg



a0148476_214061.jpg



☆しっかり焼き色をつけたほうが木目模様がクッキリでます。
[PR]
by salon_de_aki | 2010-07-27 21:44 | デザート

卵って楽しい!

料理を長くしている主婦も意外と知らないのが卵のシンプルな扱い方。6月から卵に「新公正マーク」がつき、評議会が安全衛生(サルモネラ菌)や賞味期限など管理してくれるので買うときはいつも迷う卵の選び方もこれでちょっと安心です。フランスでは生の卵を食べる習慣がなく、必ず火を通していただきますし、殻が白色の卵はみたことがありません。

056.gifゆでたまご編
卵は常温で使い、冷蔵庫からだしてすぐ使うなら酢大1を加えます。
卵の大きさは60gが標準。黄味を真ん中へもってきたい時はゆがく最初の1分くらい鍋の中で卵をくるくるとまわすといいでしょう。
072.gif作り方
ふっとうしたお湯の中へ卵をそっといれる。(写真左から順番に)温泉卵5-6分、ひょうてい卵6-7分、かたゆで卵8-10分、10分以上は黄味が変色します。茹で上がったら冷水にとってください。
a0148476_1522472.jpg

ほかに温泉卵はあついお湯を卵にかけて蓋をして30分置き、冷水にとる方法もあります。マグカップで1ケでもできます。

フランス人の好む半熟卵は6分、卵ケースにのせて細く切ったパンを黄味につけながら食べます。
a0148476_15254740.jpg

また、バターを塗ったココットに卵を入れ、蓋をして湯せんに6-8分かけ、これもパンをそえていただきます。器も色々あります。これはイギリス製です。
a0148476_15243689.jpg

またドイツのホテルの朝食をいただくとき、半熟卵専用のスプーンがあり、貝殻で出来ていました。ハンブルグの街でみつけて買いました。デリケートな味がします。またゆで卵の上部だけを割る専用のはさみがあります。楽しい小物です。ドイツの国民らしいこだわりの品物です。銀食器で食べません。黒くなります。
a0148476_1525888.jpg

(左側 貝殻のスプーン  右側プラスチックの卵ケース)
フランスのノフマンディ地方の田舎ホテルで朝食の時の卵は、卵専用コーナーにお湯が沸いており、自分でその湯の中へ網に入れた卵をつるし、タイマーをかけて、出来上がったら取り出して専用のプラスチックケースにのせていただきます。セルフサービスです。フランス人って自分の好みのゆでたまごの時間を知っているんです。そのシンプルなプラスチックの卵ケースとちょっといただいてきました。(写真の右側)
[PR]
by salon_de_aki | 2010-07-20 15:31 | 日記

夏に万能の野菜ソース‘サルサ’

日本ではサルサソースとして名前が知られていますが、本当はサルサ「salsa」はスペイン語・イタリア語でソースのこと。トマトととても辛い青唐辛子(ハラペーニョ)の組合せはメキシコの代表ソースでもあり、フランスにも似たソースピカントというピリ辛ソースがあります。バーベキューのお肉のソースとして、またこの春バカンスで行ったバリ島のフレンチは焼いたお魚やフライのお魚にこのソースがかかっていました。また、生魚や湯がいたものにまで・・・。日本ではお豆腐の上やパンに・・・しゃぶしゃぶ豚肉、南蛮漬け、サラダに、冷製ソーメンにも合います。冷蔵庫で4-5日持ちますので便利です。野菜は何を入れてもよく、香菜(コリアンダー)はお好みで。
a0148476_10263422.jpg
072.gif材料
きゅうり 1/2本、紫玉ねぎ1/2個、トマト2個、ピーマン1個、赤ピーマン1/2個、セロリ1/2個、香菜(コリアンダー)1/2束、レモンまたはライム1個、ニンニク1片、トマトペースト大2、酢大2、自家製ハーブオイル1/4C、砂糖大1/2、塩大1/2、胡椒、青唐辛子ハラペーニョ2本(缶詰・瓶詰めまたは青タバスコ、一味でもよい)

トマトは皮と種をとり5mm角、野菜はみじん切りにしてすべて合わせる。
[PR]
by salon_de_aki | 2010-07-09 10:30 | 野菜料理

ラタトイユ 父の味

オイルでニンニクをいためます。玉ねぎもいためます。よくいためておくと甘みがでて美味しくなります。あとは、茄子、ピーマン、うり又はズッキーニ、セロリ、にんじんもいれてよいでしょう。トマトはホール缶を使ってもよし、生の赤いトマトを沢山いれて思い切って大鍋に一杯つくります。味付けは塩こしょう。水分が無くなるまで煮込みます。トマトの味によって酸味の強いときはお砂糖を少しいれます。
a0148476_15561014.jpg



このままだと添え野菜ですが、この中に豚肉を入れて煮ると煮込み料理になります。しゃぶしゃぶの薄切り豚に塩・こしょうをしてクルクルと巻いていれるとやわらかく食べやすい大きさで早く煮ることができます。勿論鶏でもよく、オムレツ、パスタ、小さなココットにいれて真ん中に玉子を入れてオーブンで焼くのもいいでしょう。いろんなことにまわし使いが出来、夏は便利です。
a0148476_1556356.jpg

056.gifトマトは洗ってヘタをとってそのまま冷凍できます。
ラタトイユ等の煮込み料理はこのままポン!といれておくと炊いている間に皮もとれるので便利。安い赤い完熟の山盛りで売っている時には是非この方法で。

072.gifラタトイユ材料
玉ねぎ1個、茄子3個、にんにく1片、パプリカ赤1個・黄1個、ズッキーニ1本、セロリ1本、トマト3個(又はホール缶400g1個)塩・胡椒、オリーブオイル大2
[PR]
by salon_de_aki | 2010-07-06 15:57 | 野菜料理

くちなしの花と父

くちなしの花が咲く季節になると色々思い出します。
a0148476_15451866.jpg

里の家にくちなしの木の垣根がありました。大きな白い八重のいい香りのする花は父の自慢の花でした。6月には花が咲き、あとは常緑樹ですが、翌年の春には大きな青虫が葉につき、葉を食べつくすのですがきれいなアゲハチョウになるので殺しませんでした。

明治22年生まれの父は田舎の中学校を卒業して当時のお金で300円を持ってアメリカのシアトルに渡り英語が出来ると思っていたのが思いのほか出来なくて小学校4年生からやり直し、大学、大学院を卒業し、優等生クラブの金時計を持っているほどの勉強家でした。学生時代にくちなしは「1ドル花」と言ってデートする相手にプレゼントしたとか。多分素敵な思い出があるのでしょうか。くちなしの花の好きなロマンチストでフェアーな紳士でした。

父はシアトルの学生時代にレストランでのアルバイト経験から料理上手でした。肉料理にはじゃがいもを添える、酸性とアルカリ性のものを食べ、酢の物、レモンは手放さないくらいなんにでもかけて食べていました。

夏になると家の食卓には野菜の煮込み料理がでます。庭で取れるトマトを中心に茄子、玉ねぎ、にんじん、うりも入っていました。水を入れないで野菜の水分で煮て味付けは塩・胡椒だけ。家族全員「おふくろの味」ではなくて「父の味」と認識しています。何年かたって主人の転勤でパリにいき、最初にこの料理と出くわした時はビックリしました。“ラタトイユ”小さい頃食べていたものはフランス料理だったんだ!!って
レシピは次回に☆
[PR]
by salon_de_aki | 2010-07-05 15:27 | 日記

淡路島の玉ねぎ

皮の色がつやつやして美しいベージュ色。大きな玉の玉ねぎを一箱いただきました。なんだかんだ料理の中へ入れ、煮込み料理にるすのはもったいない!!なんとなく自分で血液サラサラになるかな?という玉ねぎの常備菜をお教えします。皮をむいた玉ねぎを薄切りにします。そのまま、まな板の上に10-15分ほっておきます。健康酢(りんご酢)にみりんを少し足して、この中へ玉ねぎをつけます。一緒に乾燥めかぶ(切り昆布、鰹節などでもよい)、するめを小さく切ったもの等一緒にいれます。冷蔵庫で冷やして、半日もすれば美味しく食べれます。サラダ、トマト等に加えて食べても美味しいです。薄切りしてから水で洗うと辛味はとれるでしょうがせっかくの栄養分がなくなるような気がするのです。冷蔵庫にいれておくと辛味はとれますが臭いは取れません・・・・食後にコーヒーでも飲んでください。少なくとも大きい玉ねぎ2個で作ってくださいね。残り酢は捨てずに飲んでください。
a0148476_15232821.jpg

[PR]
by salon_de_aki | 2010-07-02 15:12 | 野菜料理


簡単!簡単!美味しい!美味しい!ヨーロッパで習ったマダムが作る家庭料理を紹介!  


by salon_de_aki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログジャンル

画像一覧