<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

色とりどりのフルーツサラダ

春から夏への季節の変わり目に沢山の種類の果物がでています。さくらんぼ、びわ、ブドウ、スイカ、メロン、春の残りのイチゴ、柑橘類の色々、いつもあるバナナ、パイナップル・・・少しずつの果物を大きな器にいれてオレンジジュースで漬け込みます。勿論食べる時にあわせて、例えば食後のデザートなら香り付けにお酒をいれても構いません。
パリのプチホテルの朝食は、たいていパンと熱いコーヒー、何種類かのジャムにおいしいエシレのバター、オレンジジュース(飲み放題)、これだけなんです。時によっては、このフルーツサラダがでています。日本ではシロップにつけたりしますが・・・オレンジジュースでつけるところがポイントです。甘すぎないので美味しいです。勿論シーズンオフは缶詰も利用してみてください。

a0148476_161915100.jpg

[PR]
by salon_de_aki | 2010-06-25 16:20 | デザート

高野豆腐って栄養価満点!

植物性たんぱく質、カルシウム、鉄分が豊富。でも料理方法が多くありません。便利な一口サイズを使って揚げてみました。一口サイズをぬるま湯でもどして、しぼり、牛乳に少しの砂糖を加えた中に漬けます。軽く水分をとって、粉をつけて揚げ焼きにします。砂糖の中に黄な粉を少し入れ、熱い揚げたての高野豆腐にまぶします。熱いうちにしないとお砂糖がつきません!

a0148476_15121666.jpg

[PR]
by salon_de_aki | 2010-06-24 15:13 | デザート

梅雨の合間に

今年も時々庭に蜂が飛んでいました。いつもどこかに蜂の巣があるはずと気になっていました。みつけました。雨戸の上の端によくもこれだけ美しく形を作るなぁと蜂の能力に驚きます。
蜂の巣の作る場所によって、台風のあたり年がわかるといいます。
上のほうは台風の少ない分、下の方は台風が多い。蜂も自分の家を守る能力があるのでしょうか。
同居していた主人の祖母からの言い伝えです。

a0148476_1532741.jpg


a0148476_1534144.jpg

[PR]
by salon_de_aki | 2010-06-23 15:04 | 日記

ニンニク卵黄

(基本)
にんにく 皮をむいて1/2に切って芽をとる 100g
水 100cc
卵黄 1ケ

鍋ににんにくと水を入れ、火にかけて、にんにくが柔らかくなるまで煮る。潰れる位柔らかに煮て、木じゃくでつぶす(ジューサー(ミキサー)を使うと便利)。どろどろになれば卵黄を入れ、よく混ぜる。

a0148476_1521531.jpg



この鍋を火にかけて中弱火でかき混ぜながら煮ていく。だんだん水分が飛んで粘りがでてくる。弱火にして固まってくる状態になれば一度とりだして丸くまるめて、また鍋に戻しコロコロといっていく状態にすると、周囲から剥がれるようになって早く仕上がる。スピードカッターがあれば、ある程度乾燥してからかけると早い。また鍋に戻してさらに炒っていき、ゆっくりとパラパラに、コーヒーの荒挽き状態になれば出来上がり。

a0148476_1552144.jpg


056.gif家中ニンニクの臭いがするので窓をあけること。
056.gif1日仕事になるので、途中でやめて翌日にまたしてもよい。
056.gifタッパーに入れて冷蔵庫で保存。湿気させないこと。
056.gif1日飲む量は、耳かき1杯程度、水で飲む。
[PR]
by salon_de_aki | 2010-06-17 15:09 | 日記

ニンニク卵黄を作ったきっかけ

春から夏への気候の移り変わりは体調を崩すことが多いです。独身時代に知り合った友人のご主人が若いのに喘息持ちで大変なのよ、という話から、ニンニク卵黄を手作りしているということで習いました。小さいころ喘息持ちだった主人と娘にもこのニンニク卵黄をよく作ったものです。ほんの耳かき一杯を毎日飲み続けました。パリにいる頃にも突然バカンス先で喘息になった時にも作りました。

スペインのカダケスという海岸の町で(有名な画家ダリの出たところですが)、小さな小さな美しい漁村に夏には沢山の人がバカンスに訪れます。地中海の海岸線にはスペイン側もフランス側も本当に美しい街並みがつらなっています。画家達が訪れ、絵を画くところが沢山あります。バカンスはただ旅行するのではなく、誰かの家を借りて過ごします。むこうの人たちは自分がバカンスへ行く間、簡単に人に家を貸します。勿論、賃料も入るから一石二鳥となります。バカンスに行く側も、その町で住んでいるように過ごせるのでどんなに楽しいことでしょうか。a0148476_10144617.jpg
折り重なっていけどもいけども白い壁。その白い壁にそって紅色のブーゲンビリアが咲き誇っている間から海の深い青色が見え、どこかのカレンダーの絵でみたことのある風景のようです。このカダケスの海でウニが沢山とれます。小粒ですが、それをアツアツご飯の上にのせてちょっとお醤油をたらすとどんなに美味しいか!ウニの殻は青いゴミ袋2杯分一杯になりました。日本に帰ってからこんなに美味しいと思えるウニには出会えてません。また、うなぎの稚魚も食べました。「シラス」みたいなもんですが、ニンニクと一緒にさっといためて食べるのです。非常に高価なものですが、これもお醤油をたらすと美味!魚の多くとれる街へ行く時は、お醤油を持参すると便利です。えびも鰯も安くて美味しい。ついつい買いすぎていました。思い出にもツバがでます。

脱線しましたが、バカンス先の海から吹いてくる湿った風に、喘息の発作がでてくるのです。医者につれていくと、海から来る風の日は喘息が多く、山から吹くと喘息が治ると言われ、またせっせとニンニク卵黄をつくりました。今では娘もいつの間にか喘息を乗り越えて元気です。もちろん主人も元気です。

今日は友達が喘息がでているということで久しぶりに作ってみました。作りやすい最小の分量でかきます。だんだん慣れれば分量を多く作られたらいいと思います。直接喘息にきくというのではなく、虚弱体質を変えるという意味ではいいと思います。今では市販のニンニク卵黄が多くありますが、結構高いので、手間はかかりますが、5-600円くらいで作れます。部屋中のニンニクの臭いがしますが、今の季節なら窓を開けて作ってみてはいかがでしょうか。

作り方は今日作ったニンニク卵黄の写真と一緒に次回アップします!
[PR]
by salon_de_aki | 2010-06-15 09:40 | 日記

Flan フラン

子供が小さかった頃、よく食べた「フラン」というお菓子。懐かしくなって作ってみました。カスタードクリームをオーブンで焼いた素朴なお菓子。プリンに粉が入ったものです。日本ではあまりフランはみかけませんが、フランスではスーパーやパン屋で売っていて子供から大人まで大好きです。ちなみにフランスでは一般的なお菓子はパンやで売っており、チョコレート専門店はあるのにケーキ専門店は少ないです。
フランスで人の家に招かれた場合の手土産はチョコレートかお花です。親しくなってからワインなどの酒類を持参しますが、日本のように果物やお菓子は持って行きません。日本からのお土産も相手が日本文化に親しんでいる人にはいいですが、一般的にはなかなかむつかしいです。なのでパリでは花で溢れている花屋さん、宝石のようにショーウィンドーに飾られてるチョコレート、箱も包装紙も豪華です。花束を持っていくなら、前もって花屋から届けてもらうと、相手に花瓶探しやお手数をおかけしないですみます。植木鉢の持参はその点便利です。今も尚、金曜日や土曜日の夕方は招いたりまねかれたりの大人の楽しい時間があります。

a0148476_1275855.jpg

大きな耐熱皿(縦16cm×横32cm)ですがあっという間になくなります
[PR]
by salon_de_aki | 2010-06-08 12:06 | デザート

豆! 旬の味

畑をしている方から沢山のえんどう豆をいただきました。ひすい色の美しい自然の色にほれぼれ。こんなんで幸せを感じる主婦!単純です。
私流の簡単な湯がき方をご紹介します。さやつき、筋とらないでさっと洗います。鍋にえんどう豆をいれ、かぶる位の水と共に塩をいれてふたをして湯がきます。柔らかさをみてください。好みですが強火で4-5分くらいです。
(1)熱いうちに皮をむきながら食べる
a0148476_1829176.jpg

(2)この鍋の中へつけたまま冷ます。豆にしわができないので美しく仕上がります。(飾り用に)
a0148476_18293258.jpg

(3)冷凍できます

パリ風えんどう豆の煮込み
さやなしのえんどう豆 100g、新たまねぎ 1/2ケ(荒みじん切り)、ベーコン 1枚(小口切り)、レタス2-3枚(外側の硬いところでもいい、小口切り)、バター 大1」、塩こしょう砂糖少々

鍋にベーコン、新たまねぎ、えんどう豆を入れてヒタヒタになるくらいの水をいれ、塩・こしょう・砂糖少々をいれ、ふたをして煮る。豆が柔らかくなれば、レタスを加えてさっと煮て、バターを最後に絡める。(所要時間8-10分)

a0148476_18325951.jpg

フランス風の野菜の蒸し煮は仕上げにバターで風味をつける手法がおおいです。フランスは豆はクタクタになるまで煮込み、しわがよっても平気です。食べる時はフォークの背でつぶすとうまく食べれます。
[PR]
by salon_de_aki | 2010-06-01 18:25 | 前菜


簡単!簡単!美味しい!美味しい!ヨーロッパで習ったマダムが作る家庭料理を紹介!  


by salon_de_aki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ブログジャンル

画像一覧