<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

冬のラタトィユ

あわただしい日を過ごしていました。
ブログもご無沙汰です。寒かったり暖かかったりで体温調整が大変です。皆様もお元気でしょうか。もう春はすぐそこです。家のミモザも来週は咲き出すことでしょう。黄色のこの花は南フランスで今頃ミモザ祭りがあり、人でも多く楽しい思いをするのですが、家に植えるものではありません。すぐに大きくなっておおい茂ります。切って切ってととのえるのが大変です。ついつい花の可憐さにひかれてしまいますが、失敗です。

今日はラタトィユという夏野菜の煮込みを冬の根菜でしてみました。若ごぼう3-4本、にんじん1本、れんこん1/2、小芋5-6ケ、玉ねぎ1ケを小口切り、豚肩ロース100gの小口切りと共に油でいため、ホールトマト1缶と同量の水、砂糖少々、マギー1ケを入れて煮ました。塩こしょうで調味してください。野菜を野菜で炊くといった感じですが、意外と美味しいのです。今日はトマト煮ものでいただいて、明日は違うものに変身させる楽しさがあります。何に変えて生きましょうか・・・
a0148476_18173027.jpg



明日からまたしばらくお休みします。クラブメッド(地中海クラブ)のバリ島にできかけてきます。どんなところでしょうか。
[PR]
by salon_de_aki | 2010-02-22 18:05 | 前菜

簡単絶品シーフードピラフ!

a0148476_18483782.jpg近くに来ていた友人に「お昼一緒に」と誘いました。昨日、今日は2月というのに暖かい日で、昨日は18度もあったとか。友人がきても、冷蔵庫の中のもので用意。最初に、先日高松の方からいただいた自家製のサーモンの燻製に新玉ねぎをそえました。このサーモン色が美しいオレンジ色で、とても美味しいのです。今は思索中ですが、これから商売用にされるとのこと。千枚漬けと重ねてバラの花のように飾り付けしてもおいしいです。フランス人の家でお皿一杯にサーモンをはりつけてだされたことがあります。厚さもぶあつくて、レモンだけで頂くのですが、これも絶品です。お店で買っても一枚一枚の間に薄い紙をはさんで貴重品扱いです。フランス人の大好きな食べ物です


a0148476_18491259.jpg二皿目は例の野菜ハンバーグ。サラダの上にのせ、からし入りマヨネーズを少し牛乳で薄めて線描きの模様をしました。

それからシーフードピラフ。冷凍のシーフードミックス200g、解凍して白ワインまたは酒をふっておきます。洗ってかわかした米3cup、玉ねぎ1/3個みじん切り、しいたけ1枚、スープの素1個(くだいておく)、ほたて貝缶詰160g 1缶 塩小2/3、こしょう、バター20g、オリーブオイル大1 ①バター10gで玉ねぎをいためます。しいたけせん切りにし、シーフードミックスも加えてさっといためます。ザルにあげて汁をとります。②炊飯器に米をいれ、オリーブ油をいれ混ぜます。ホタテの缶汁と①ででた汁を入れ、スープの素、塩・こしょうを入れ、水を目盛りまでいれます。そして①の具材とホタテを入れ、スイッチをいれます。炊き上がりにバター10gを入れて混ぜます。 好みでレモン、パセリ、ピクルス、らっきょのみじん切り等で飾り付けます。簡単でこのままでもとっても美味しいのですが、プラス一手間!ケチャップ、しょうゆ、みりん 各大2 とにんにく1片のスライスを一度鍋で煮て、出来上がりのピラフに好みで混ぜると、あのロイヤルホテルの味に近づきます。
a0148476_18493582.jpg
デザートにはフォンダンショコラ。これも暇な時に冷凍しておきます。ガナッシュを作り、チョコレート生地を作って小さなプリン型に生地を入れて真ん中にガナッシュを入れ、上からまた生地を入れ、紙でフタをして、冷凍します。その後180度のオーブンで20分。時間を見計らってだすのです。どんなに美味しいか!熱々のケーキから流れてくるチョコレート・・・・声を失う美味しさです。詳しい作り方は、また次回。
昼下がり、美味しい話やつもる話、近況をきいたりで女同士は話がつきません。
[PR]
by salon_de_aki | 2010-02-11 18:25 | 魚料理

フレンチレストランで

先日久しぶりに友人とフレンチレストランに行きました。アメリカ大使館の東側。ホテルの地下にある“デビットセニア”。カウンター前に座りました。厨房の中は全員フランス人。サービス係にもフランス人とシェフの日本人の奥様。全員南フランス ニースの出身だったので明るくとても陽気!飾り方をみたり、食材を聞いたり、つまませてもらったりで、カウンター席でとても楽しい時を過ごしました。
まず、シャンパングラスに入ったマスタードスープをいただきました。初めてのものです。酸味とマスタードの香り、そこにつきさしてあるシブレット(細ねぎ)と揚げソーメンのアンバランス。その横に、春巻きの皮のようなもので包み揚げがあり、ヤコンという野菜、梨と大根の味がしました。3番目にでてきたお皿はまるでマチスが皿の上に絵を画いたようでした。サツマイモのマッシュをまわりにはりつけ、キンメダイのポッシュの上には赤いてんさいのみじん切りがあり、まわりにその汁でつくった赤いソース、緑の大根(周囲が緑で中が白)、ラディッシュ(周囲が赤で中が白)、イチゴのチョコレート味(きんかん・みかん・プティオニオンのグラッセが美しく飾られていました。お皿が変わるたびに変わるパンの味、スープのときはくるみ入りパン、次はトマト入りパン、3番目はオリーブ入りでした。これがバナナをつるものにぶら下げてくれるのでそこからちぎって食べる楽しさ! 本当に tres gai (愉快!)でした。冗談ばかりえい合って作ってゆく様子を見るのも楽しいし、日本語も忘れるくらいなのに、思い出すのも大変ですが、久しぶりのフランス語でした。もう一つビックリ!食材を日本の松華堂弁当箱を使用!お重(プラスチック)も重ねられて便利といっていました。家使えば便利ですね!

a0148476_1231860.jpgところで家に帰って早速きんかんのグラッセをしました。きんかんを4つに割り、種をとり、バターで炒め、砂糖でグラッセします。美味しかったです!
[PR]
by salon_de_aki | 2010-02-09 12:05 | デザート

野菜バーグ!

野菜のハンバーグというのはいかがでしょうか。

れんこん200g すります。私は鬼おろしをつかってます。 a0148476_1749583.jpg

粉大1.5、片栗粉大1.5 塩・こしょう、にんじん・パプリカ・たまねぎ・等なんでも残っている野菜のみじんぎり50g (ひじきの煮物の残りをみじん切りにしても美味しいです) 全部混ぜて、小判型にして、フライパンで両面焼きます。a0148476_17492480.jpg

お好みのソースで頂きます。(からし入りマヨネース、ケチャップ+中濃ソース、ポン酢・・等) また、マルクしてスープやおつゆの中にいれてもいいのです。
[PR]
by salon_de_aki | 2010-02-01 17:50 | 前菜


簡単!簡単!美味しい!美味しい!ヨーロッパで習ったマダムが作る家庭料理を紹介!  


by salon_de_aki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

ブログジャンル

画像一覧