カテゴリ:野菜料理( 12 )

淡路島の玉ねぎ

皮の色がつやつやして美しいベージュ色。大きな玉の玉ねぎを一箱いただきました。なんだかんだ料理の中へ入れ、煮込み料理にるすのはもったいない!!なんとなく自分で血液サラサラになるかな?という玉ねぎの常備菜をお教えします。皮をむいた玉ねぎを薄切りにします。そのまま、まな板の上に10-15分ほっておきます。健康酢(りんご酢)にみりんを少し足して、この中へ玉ねぎをつけます。一緒に乾燥めかぶ(切り昆布、鰹節などでもよい)、するめを小さく切ったもの等一緒にいれます。冷蔵庫で冷やして、半日もすれば美味しく食べれます。サラダ、トマト等に加えて食べても美味しいです。薄切りしてから水で洗うと辛味はとれるでしょうがせっかくの栄養分がなくなるような気がするのです。冷蔵庫にいれておくと辛味はとれますが臭いは取れません・・・・食後にコーヒーでも飲んでください。少なくとも大きい玉ねぎ2個で作ってくださいね。残り酢は捨てずに飲んでください。
a0148476_15232821.jpg

[PR]
by salon_de_aki | 2010-07-02 15:12 | 野菜料理

サバ? ça va ?

アメリカ人同士の友達が道で会い、「元気?」と聞いたら必ず「元気、元気(Go on! Go on!)」と答える。例え病気でもそう返事するというのは、弱音をはくとpartyなどに誘ってくれないからですって。日本人はなんとなく元気だけど足がいたいとかどこが・・・という話になってしまう。フランスでも「サバ?(ça va ?)」と聞かれたら「サバ、サバ(ça va, ça va !)」と返事していました。覚えやすい便利なフランス語です。

貴女はサバ?001.gif

季節の新じゃが 小さいけれど全員が美味しい!というバターの煮っころがし

a0148476_10294655.jpg新じゃがを洗います。これでこするとすぐに皮がこそげとれる優れものです。ごぼうやさつまいものに便利。名前はなんというのでしょうか?



新じゃが芋 小粒500-600g、二番だし3cup、砂糖 大2、しょうゆ 大2、バター 大1、オイル 大1

じゃがいもは洗います。鍋にオイルをいれてじゃがいもを焼き色が付くまでいためます。これをしっかりしておかないと苦味が残ります。その後、二番だしをいれ、沸騰したらあくを取り、まず砂糖を加えて落し蓋をして10分くらい煮込む。醤油をいれて、水分が無くなるまで更に煮込んで、最後にバターをいれてからめます。
a0148476_1030932.jpg

小さなじゃがいもをみつけたらやってみてください。美味しい!!!
[PR]
by salon_de_aki | 2010-05-12 10:34 | 野菜料理


簡単!簡単!美味しい!美味しい!ヨーロッパで習ったマダムが作る家庭料理を紹介!  


by salon_de_aki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログジャンル

画像一覧