サクラとイチゴ大福

今年のお花見は富田林の一万本の桜並木に酔いました。花曇の日でしたが、花のしたでお茶をたてて頂き、優雅なひと時を過ごしました。携帯用のお茶の道具にもその便利さとかわいさに驚きました。寒い日を過ごし、春を待つ喜びが桜の花の開花を待つ気持ちと重なり、つい新聞の花便りに目をやりますよネ。

パリの16区に住んでいたアパートの中庭に1本の大きな大きな八重桜がありました。パリのアパート群は道路に面して作られるので内側に建物同士に囲まれた中庭があるのです。風がこないので気温があがった4-5月ごろ、1ヶ月くらいかわいいぼんぼりのように咲き続けていました。2階に住んでいましたので台所の大きな窓から用事をしながら眺める事ができ、「さくら」「ふるさと」の歌を歌うと胸がきゅーんとなり、子供に教えたりしました。お花見パーティもしましたね。イチイチ台所へきてもらっての花見ですが、日本の友達はやはり「わぁーすごい」と桜の花にみとれ、なつかしくなり、皆自分の住んでいた地域の花自慢となったものです。

パリでよく作っていた簡単につくれる大福をご紹介します。

イチゴ大福 8個分
いちご 8個(甘いトマトバナナぶどうでもいいです)を用意し、こしあん200gを8つにわけていちごを先だけみせてくるんでおきます。上新粉20g、米粉100g、砂糖70g、水180ccを耐熱皿にいれてよく混ぜ、電子レンジ600wで5分かけます。熱いうちに全体を混ぜます。まな板の上に片栗粉を広げ、そこへチンしたものをのせ、のしもちの様にのばして8等分にきり、イチゴアンコを包む。熱いですが、手早くしてください。
a0148476_15381037.jpg


ところでさくらの苗木をいただきました。かわいい花が満開です!
a0148476_15391850.jpg

[PR]
by salon_de_aki | 2010-04-09 15:48 | デザート


簡単!簡単!美味しい!美味しい!ヨーロッパで習ったマダムが作る家庭料理を紹介!  


by salon_de_aki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

画像一覧